アミノ酸

アミノ酸の種類

 

アミノ酸私達の体を作っているアミノ酸の種類は20種類、この20種類のアミノ酸からたんぱく質を作り出しています。

 

私たちが食物として摂取したたんぱく質は、一度体内で消化酵素によって20種類のアミノ酸に分解され、再びたんぱく質に組み換えられます。

 

その際、11種のアミノ酸は他のアミノ酸から体内で合成して不足を補うことができますが、残る9種類は食事から摂取することが不可欠ですこのように体内で合成できないものを必須アミノ酸、合成できるものを非必須アミノ酸とよんでいます。

 

◆必須アミノ酸
バリン、ロイシン、イソロイシン、 リジン、スレオニン、メチオニン、ヒスチジン、フェニルアラニン、トリプトファン

 

◆非必須アミノ酸
アラニン、アルギニン、グルタミン、アスパラギン酸、グルタミン酸、プロリン、システイン、チロシン、アスパラギン、グリシン、セリン

 

アミノ酸は、私達の体の中でそれぞれのはたらきをします。髪の毛や皮膚や爪などまたあるときは筋肉や臓器など

 

女性がきになるお肌、ハリとツヤのあるツルツル効果もアミノ酸の働きです。
肌の再生によい、と言われているアミノ酸は、「アルギニン」と「プロリン」です。

 

女性なら誰でも知っている「コラーゲン」。
キメの細やかな、ハリのあるお肌は、網の目のようなコラーゲンの層によって、油分、水分、弾力が保たれています。
そのコラーゲンもアミノ酸である「アルギニン」や「プロリン」によって作られています。

 

年齢と共にコラーゲンの生成力が衰え、肌が老化してしまう。その対策として、コラーゲンの原料でもあるアルギニンやプロリンなどのアミノ酸を摂り入れることで、みずみずしい肌を保つことができます。

 

また、シミの原因といわれる紫外線。紫外線を浴びると肌が傷つき、メラニンが過剰に形成され、シミの原因になると考えられています。そこで、効果的なのが、「システイン」というアミノ酸です。

 

最近、TVのCMでも聞くようになりましたが、システインは、紫外線の害を防ぎ、メラニンが沈着するのを防ぐ作用があると言われています。またシステインには抜け毛を抑制したり、肌、爪、髪などを健康に保つ効果もあると言われています。