プラセンタサプリ

プラセンタの原料について

サプリメントでプラセンタを選択する女性は大変多いです。それだけ、期待が高いプラセンタですが、プラセンタの原料まで知っている人は少ないかも知れません。

 

プラセンタは日本語で胎盤という意味です。ですが、スキンケア用品やサプリメントの成分にプラセンタと書かれていても、胎盤自体を原料にしているわけではありません。

 

胎盤の細胞を増やすための成長因子が使われています。CMなどTVで聞く”胎盤エキス”と呼ばれる成分がそれであり、プラセンタは胎盤エキスから作られている成分です。

 

プラセンタの原料が、胎盤や胎盤エキスというと少し驚いてしまいますが、胎盤エキスにはすばらしい働きがあり、胎盤の中で育つ胎児は、プラセンタの影響を大きく受けており、プラセンタの機能によって、胎児がすくすくと育っていくといってもいいでしょう。

 

プラセンタは、馬、豚、羊などの動物から抽出されている商品が多いですが、近年は安全性などを考慮して、植物性プラセンタを使用しているメーカも増えました。

 

植物には胎盤はありませんが胎座と呼ばれている場所がありその胎座から抽出されている物質が植物プラセンタといわれています

 

美肌効果は、細胞の生まれ変わりを促進する成分であるお肌の成長因子として、美白や肌のターンオーバーを促進します。

 

さらに、プラセンタは美肌効果だけでなく、体内のホルモンのバランスを整える働きもあり、更年期障害の治療を目的として婦人科の病院でも使われている成分です。

 

更年期に起こる精神的な不安定さやうつの症状に対して自律神経の乱れを直すプラセンタが効果があるとされているようです。まさに女性にとって強い味方になってくれる成分がプラセンタなのです。