ビタミンC誘導体とは?

ビタミンC誘導体の特徴

ここでは、ビタミンC誘導体に期待されている効果や性質などについてまとめています。

 

あなたが知っている美容成分は?と聞かれれば、ほとんどの方が「ビタミンC」と言うのではないでしょうか。

 

それだけ、ビタミンCに期待している人が多いんです。ビタミンCは、細胞のろうかの原因である活性酸素から守ってくれる抗酸化力がとても高い事でしられていますよね。

 

その為、ビタミンCは摂取しても期待できますが、お肌の外側からのケアにも欠かせない成分です。必ずと言っていいほどビタミンCは化粧品配合されています。

 

ですが、ビタミンCは安定性が悪く、お肌の奥に浸透しにくい性質を持っているため、さまざまな研究がされてきました。

 

その、ビタミンCの弱点を改良し、肌の奥の角質まで壊れないで吸収されやすく改良されたのがビタミンC誘導体です。

 

ビタミンC誘導体の働きは本当に優れております。紫外線によるメラニンの生成を抑え、さらに、老化の原因と言われている「活性酸素」の発生を抑え、さらにさらに、コラーゲンと一緒に摂る事でコラーゲンの生成を助ける働きもしてくれます。まさにパーフェクトな美白成分です。

 

この、ビタミンC誘導体には3種類あります。

 

● 水溶性ビタミンC誘導体 ⇒ サラサラしていて即効性に優れてiいる事から主に化粧水などに配合されています。

 

● 脂溶性ビタミンC誘導体 ⇒ 水溶性では油に溶けにくい弱点を改良し水溶性を脂溶性に変換したビタミンC誘導体です。浸透力が優れており長時間皮膚の中で効果を持続させます。主に乳液・クリームなどの配合されています。

 

● 新型・進化型ビタミンC誘導体⇒ 水溶性ビタミンC誘導体と脂溶性ビタミンC誘導体の良い特徴を取り入れた最も新しいビタミンC誘導体。APPSと呼ばれています。刺激も少なく、水溶性ビタミンC誘導体の約100倍の浸透性があります。

 

ビタミンC誘導体は厚生労働省がその効果を認可している美白成分の一つです。