紫外線対策にビタミン類

紫外線対策にビタミンは欠かせません。

紫外線対策は体の内側からのケアも大切です。出来てしまったシミを消すには体の内と外の両側面からケアをすることが有効な方法となります。

 

紫外線対策に効果のある栄養素としては、ビタミンC、ビタミンE、βカロチン、リコピンがあげられます。食材からビタミンCを取り入れるには、ブロッコリーや小松菜、いちご、芋などを意識して食べるようにしましょう。シミの元になるメラニン色素の生成と沈着を抑えて紫外線対策に効果を生みます。

 

アスパラガスやかぼちゃはビタミンEの多い食べ物として知られています。このほか、たらこやいわし、きんめだいなどの魚介類や、落花生やアーモンドなどの木の実からもビタミンEを補給することができます。皮膚のターンオーバーを促進し、紫外線対策に役立てます。βカロチンを摂取するにはにんじんやかぼゃなどの緑黄色野菜、にら、ビタミンCの多い野菜がおすすめです。

 

紫外線によって肌がダメージを受けないように対策を立てることができます。リコピンは、肉や野菜、玉子や大豆などのたんぱく質に多く含まれています。メラニンの生成を促進する活性酵素を消し、メラニン生成に必要な酵素の働きを抑えて紫外線対策に効果を生みます。栄養の偏りがないよう、健康的な食事内容を目指していれば、おのずと紫外線対策効果のある食材は確保できているものです。不足面については、サプリメントを活用してくでたさい。