水溶性珪素はコラーゲンを作り出す大切な成分

お肌のハリや弾力の土台となるのがコラーゲンです。しかし、年齢と共にお肌のハリや弾力が低下してきます。その対策に近年注目されているのが水溶性珪素です。ここでは水溶性珪素とコラーゲンの関係をを調べてみました。

 

「水溶性ケイ素」あまり聞いたことが無いと言う方も多いかと思いますが、コラーゲンを作り出す必須ミネラルです。

 

お肌のハリや潤いを保つためにコラーゲンが大切というのは常識ですが、食べ物や飲み物でコラーゲンを摂取しても、そのままコラーゲンになりません。

 

コラーゲンはカラダの中で作られるものです。コラーゲンを作るために必要な栄養素を摂取するのが効果的な方法なのです。

 

そこで注目されているのが、水溶性珪素というサプリメント。主成分の珪素は、まさにコラーゲンを作り出す栄養素に一つなんです。

 

今や海外では、大人気となり日本でも次々と新製品が登場しています。この水溶性ケイ素の効果をチェックしてみると面白いことが分かりました。

 

【1】内面からコラーゲンを増やす

 

毎日の水分補給に飲んでいるお茶やコーヒーに数滴の水溶性ケイ素を混ぜて飲むだけで、内面からコラーゲンを増やす効果が期待できます。お肌だけでなく。髪の毛、爪や歯などコラーゲンが含まれる部分のアンチエイジングが期待できます。

 

【2】活性酸素を除去する

 

水溶性ケイ素には、優れた抗酸化作用がありカラダを錆から守ります。体内のコラーゲンがある部分に珪素は存在して、抗酸化作用により活性酸素から守ってくれるという働きをしています。

 

【3】化粧品の浸透力を高める

 

水溶性ケイ素には浸透力を高める作用があります。美容液や保湿クリームなど化粧品に数滴たらして使うと浸透力が高まり効果がアップします。またシャンプーやブラッシングで薄めた水溶性ケイ素をスプレーすると頭皮のケアになり髪の毛が若々しくなります。

 

このように水溶性ケイ素は、内面と外面の両方からのお肌のケアの新常識となっているようです。